3人打ちルール

3人打ち 基本ルール

  • ゲーム代 1ゲーム300P
  • 東南回しの半荘戦。30000点持ちの34000点返し。
  • 0.5の順位ウマは0P・1000Pです。
  • 喰いタン・後付け無しの完先ルール 鳴いての形式テンパイは無効です。
  • 赤2牌(の各一牌)です。
  • 一発・裏ドラ・槓ドラ・カン裏あり。
  • リーチ赤・一発・裏・カン裏に対して各100Pのご祝儀がつきます。
  • 親はテンパイ連荘。
  • ノーテン罰符は場に2000点。
  • 本場はツモ、ロンともに1000点増です。(例2000点オールは1本場だと3000点オール)
  • 持ち点が70.000点以上になるとコールドゲームになります。(70.000点以上で次の局に進んでいてもメンバーが確認次第対局終了となります。)
  • 持ち点0未満になるとゲーム終了です。(ちょうど0点は続行)
  • 箱下精算はありません。
  • 飛んだ場合は、トップの方にトビ賞300Pを支払います。(ノーテン罰符で飛んだ場合はトップ者に300P)
  • リーチは1000点以上ないとできません。(900点以下でリーチをした場合は、アガり放棄となり、その局の終了後にトビ扱いになります。打牌選択可能です。)
  • 暗カンは1翻アップです。(明カン・加カンは点数が上がりません。)また、2回以上暗カンしても1翻しか上がりません。
  • リーチ後の暗カンは任意です。
  • 起家は回り親になります。(最初だけ場所と起家決めを行います。)原則、場替えは行いません。
  • ツモリ損あり(子の満貫の場合2000点・4000点の6000点の計算です。)
  • ツモピンフはありません(ツモった場合はツモのみ)
  • ツモのみは、親・子関係なく500点オールです。
  • チェックに関してリーチ前の見せ牌、コシ牌は現物チェックとなります。但し、リーチ後の見せ牌、コシ牌はノーチェックとなります。(メンバーが悪意のあるコシ牌と判断した場合はアガリ放棄
  • 流し満貫は3人麻雀では倍満とします。
  • 九種九牌で流すことは出来ません。
  • 途中流局については四開槓のみとします。親は流れ本場がつきます。
  • 3件リーチは続行です。
  • 西入はありません。
  • 半荘終了時に同点の場合、起家に近い方が上の順位になります。
  • 役満祝儀はツモアガリ1000P ALL、ロンアガリ1000Pとなります。
  • 待ちが純カラのテンパイも可能です。
  • ツモ番のないリーチをかけることができます。
  • 大三元・大四喜・四槓子のパオ(責任払い)があります。出あがりなら折半、ツモアガりなら全額払い。なお、出アガりの場合のチップはパオ者払いになります。
  • 役満の重複について、純粋な重複に限り認めます。ご祝儀は重複しません。
  • 数え役満は13翻からです。ご祝儀はつきません。
  • ダブロンあり(リーチ棒・積棒は頭ハネ)
  • オーラスのアガり止め、テンパイ止めあり
  • 人和は倍満(他の手役は加算しません。)
  • リーチ後、送りカン・待ちの変わるカン・形の変わるカンはできません。
  • カンドラは即乗りです。(チャンカンの場合はカンドラは乗りません)
  • 嶺上開花とハイテイツモは重複しません。
  • ダイミンカンの責任払いあり。
  • 国士無双の暗カンアガりあり。
  • 点数計算はシンプルにしてあります。(一律30符計算)
  • 親 1500点 3000点 6000点
  • 子 1000点 2000点 4000点
  • 上記に従い、七対子も30符計算です。
  • 4枚使いの七対子も認めます(3翻役)

4枚七対子と面子手の複合形ついて

上の配姿の場合のシャボとのチートイツの単騎待ちになります。

テンパイ形の全ての待ちに役が無い場合、役ありの待ちもダマでロン上がりは出来ません。

上の配姿の場合イーペーコーですがでは役がないため、リーチをかけないとロンあがりすることは出来ません。

抜きドラについて

  • 北は抜きドラとしても、手の中でメンツとしても扱えます。
  • 常時ドラ扱い、役牌ではないのでアタマにしてのピンフも可能です。
  • 抜いた北は捨て牌扱いになるので、他家が抜いた北をポン、ロンすることも出来ます。(よって北を抜いている状態でも流し倍満は成立します。)
  • 1巡目に他家が北を抜いても自分のダブルリーチ及び地和の権利は残ります。(自分が北を抜いた後のダブルリーチは認められません。)
  • リーチが入った同順に北を抜かれると一発は消えます
  • 北を抜く場合、仕掛け等が入る可能性がありますので1枚ずつ抜いて下さい。(1度に2枚以上北を抜いてツモ上がっても無効とします。
  • 北を抜いて嶺上牌からのツモアガりに嶺上開花はつきません。
  • ハイテイで北を抜くことは可能です。自摸あがった場合、ハイテイになります。

罰則について

  • 誤ロン・誤ツモは倒牌前はアガリ放棄、倒牌後はチョンボになります。
  • チョンボは親・子関係なく5000点ALLの支払いでノーゲーム扱いとします。
  • 誤チー・誤ポンは局終了までその牌の色がチェックになります。
  • フリテンリーチは流局時チョンボ、ダマでフリテンツモはOKです。
  • ノーテンリーチは流局時にチョンボになります。
  • リーチ後の牌姿の変わるカンや待ちの変わるカン・送りカンは流局時にチョンボになります。
  • チョンボ発生時のリーチ棒はリーチ者に戻します。
  • リーチは下家の打牌完了前なら1000点罰符で解消できます。ただし、その局はリーチをかけないとアガれません。
  • 多牌・少牌はアガり放棄になります。
  • アガり放棄となった場合は、その後、鳴きやリーチはできません。またテンパイにもなりません。
  • 続行不可能なくらいに山を崩した場合、及び局の進行が不可能とスタッフが判断した場合、チョンボになります。

禁止事項・マナーはこちら→

上記ルール等でご不明な点がございましたら、スタッフまで遠慮なくお尋ねください。
フリーデビューされる初心者の方にも、スタッフが丁寧にご説明いたします!

PAGE TOP